省エネ補助金 申請サポート・コンサルティング

  • HOME › 
  • 対応制度 › 
  • 省エネ補助金 申請サポート・コンサルティング

省エネ補助金 2024
申請サポート・コンサルティング

*

工場のボイラや工業炉、ビルの空調設備や業務用給湯器などを省エネ型設備へと更新することを支援。

省エネ補助金 申請サポート・コンサルティング 料金例

着手金 10万円(税別)
成功報酬 補助金額の10%(税別)

※料金とご支援内容については、条件によって個別でご相談させていただきます。

※不採択の場合、着手金不要で再チャレンジさせていただきます。

相談無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

省エネ補助金(2024)の類型

新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資を支援

(Ⅰ)工場・事業場型

※旧A(先進事業)・B類型(オーダーメイド型事業)

工場・事業場全体で、機械設計が伴う設備又は事業者の使用目的や用途に合わせて設計・製造する設備、先進型設備等の導入を支援。

• 生産ラインの更新等、工場・事業所全体で大幅な省エネを図る。
補助率:1/2(中小企業)、1/3(大企業)
 ※先進設備の場合、2/3(中小企業)、1/2 (大企業)
補助上限額:15億円
 ※非化石転換の要件満たす場合、20億円

(Ⅱ)電化・脱炭素燃転型

化石燃料から電気への転換や、より低炭素な燃料への転換等、電化や脱炭素目的の燃料転換を伴う設備等の導入を支援。

• 電化やより低炭素な燃料への転換を伴う機器への更新を補助
補助率:1/2
補助上限額:3億円
 ※電化のための機器の場合は5億円

(Ⅲ)設備単位型

※旧C類型(指定設備導入事業)

予め定めたエネルギー消費効率等の基準を満たし、補助対象設備として登録及び公表した指定設備を導入。

リストから選択する機器への更新を補助
補助率:1/3
補助上限額:1億円

(Ⅲ)設備単位型

補助対象設備

① 高効率空調(業務・産業用エアコン等)
②産業ヒートポンプ
③ 業務用給湯器
④ 高性能ボイラ
⑤ 高効率コージェネレーション
⑥ 低炭素工業炉 
⑦ 変圧器
⑧ 冷凍冷蔵設備
⑨ 産業用モータ
⑩ 制御機能付きLED照明器具
⑪ 工作機械
⑫ プラスチック加工機械
⑬ プレス機械
⑭ 印刷機械
⑮ ダイカストマシン

『(Ⅲ)設備単位型』補助対象設備一覧

https://sii.or.jp/setsubi05r/search/

省エネルギー効果について

(Ⅲ)設備単位型の省エネルギー量は、交付申請を行う補助事業ポータルに、導入予定設備の稼働時間等を入力することで、省エネルギー量が自動的に計算される。(以下、「指定計算」という。)
申請者が独自に省エネルギー計算を行い、省エネルギー量を算出して申請することもできる。

省エネ診断

当社にて「省エネ診断」を承ることが可能です。
省エネ診断にかかる費用についても補助金を申請できる可能性があります。詳しくはお問い合わせください。

補助金を活用した省エネ診断の詳細はこちら


※SIIの「中小企業等に向けた省エネルギー診断拡充事業費補助金」を活用

お問い合わせはこちら

 

[無料相談受付中]お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ