先端設備等導入計画

先端設備等導入計画

「経営力向上計画」はこちら
太陽光発電の事業者さまはこちら

市町村の判断により、新規取得設備の固定資産税が最大3年間ゼロになります。

支援措置のポイント

1.節税効果

3年間で設備投資額の約3%の節税効果が見込めます。
あくまで概算ですが、1,000万円の設備を購入した場合、3年間で約30万円の節税が可能です。

2.年率3%以上の労働生産性の向上を見込む設備投資が対象

「経営力向上計画」と同様、対象設備について生産性向上を示す証明書が必要となります。

≪対象設備≫
商品の生産若しくは販売又は役務の提供の用に供する設備であって、
生産性向上に資する指標が旧モデル比で年平均1%以上向上する下記設備

【減価償却資産の種類(最低取得価額/販売開始時期)】

  • 機械装置(160万円以上/10年以内)
  • 測定工具及び検査工具(30万円以上/5年以内)
  • 器具備品(30万円以上/6年以内)
  • 建物付属設備(償却資産として課税されるものに限る)(60万円以上/14年以内)
3.認定支援機関の確認が必要

「経営力向上計画」とは異なり、認定支援期間の確認書が必要です。

4.各種補助金で優先的に採択

補助金の審査で加点され、優先的に採択されるようになります。

≪対象となる補助金≫

  • ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(ものづくり補助金)
  • 小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)
  • 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン補助金)
  • サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT補助金)

料金

先端設備等導入計画の申請
成功報酬 100,000円(税別)
先端設備等導入計画の変更申請
成功報酬 20,000円(税別)

※料金について、詳細はご相談ください。

【業種別】太陽光発電の事業者さまへ

太陽光発電事業にかかわる申請も多数ご依頼いただいております。
簡単なヒアリングのみで書類作成させていただきますので、ご不明点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※経営力向上計画で「全量売電」が対象外とされ、先端設備等導入計画でも同様の動きをする市町村が増えています。活用をご検討中の方はお早めにご確認ください。

[無料相談受付中]お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ