働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)申請サポート

  • HOME › 
  • 働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)申請サポート

働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)申請サポート

*

概要

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークの新規導入に取り組む中小企業事業主を支援します。

支給対象となる事業主

支給対象となる事業主は、次のいずれにも該当する中小企業事業主です。

 

  1. 労働者災害補償保険の適用事業主であること
  2.  資本金の額又は出資の総額が3億円(小売業又はサービス業を主たる事業とする事業主については 5,000 万円、卸売業を主たる事業とする事業主については1億円)以下である事業主又はその常時使用する労働者の数が300人(小売業を主たる事業とする事業主については 50 人、卸売業又はサービス業を主たる事業とする事業主については 100 人)以下である事業主である
    こと。ただし、資本金又は出資のない事業主については、その常時使用する労働者の数により判断すること

  3. テレワークを新規で導入(試行的に導入している事業主を含む)する事業主であること

支給対象となる取組

  1. テレワーク用通信機器(※)の導入・運用

    (例)

    ・シンクライアント端末(パソコン等)
    ・VPN装置 ・web会議用機器
    ・社内のパソコンを遠隔操作するための機器、ソフトウェア
    ・保守サポートの導入
    ・クラウドサービスの導入
    ・サテライトオフィス等の利用料
    ・パソコン、タブレット及びスマートフォン、ルーター等のレンタル、リース費用
    など
     ※ シンクライアント以外のパソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象となりません

  2. 就業規則・労使協定等の作成・変更 等

    (例)

    テレワーク勤務に関する規定の整備

  3. 労務管理担当者に対する研修
  4. 労働者に対する研修、周知・啓発
  5. 外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング

支給額

対象経費の合計額 × 1/2( 1 0 0 万 円 が 上 限 )

申請サポート料金

交付申請~支給申請まで:150,000円(税別)
※詳細は個別にご相談いたします。

[無料相談受付中]お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ